あなたの家計は 100歳まで もちますか?

独立系FP 福嶋淳裕のブログ

A. 制度変更ウォッチング

年金改革法、可決成立

このブログで何度か取り上げてきた年金改革法が、5/29、参院の本会議で可決、成立しました。 新型コロナウイルス感染症をはじめ、予期せぬ諸問題が発生した今国会での審議の遅れを少々心配していましたが、年金改革法は波乱なく可決成立に至りました。 完璧…

年金改革法案、衆院を通過

このブログで何度か取り上げている年金改革法案が、5/12、衆院の本会議で可決されました。 衆院は、年金改革法案(年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律案)の修正案を与野党の賛成多数で可決し、参院に送付した、と報道されています…

"70歳まで現役"法案、可決成立

3/31、高年齢者雇用安定法などの改正法案が参院で可決し、同法は成立しました。 これまでこのブログに投稿してきたように、「高齢者が希望すれば70歳まで働けるよう、企業に『努力義務』を課す」ものです。 公的年金の給付水準(所得代替率)の低下や健康で…

年金改革法案の施行時期情報

このブログで何度か取り上げている年金改革法案について、政府は3/3に閣議決定し、引き続き今国会での法案成立を目指しています。 施行の時期について、前回、「一部の規定を除いて、2022/4/1施行を予定」と投稿しました。読者の方から質問がありましたので…

NISAは今後どう変わるのか

このところ、厚生労働省所管の制度に関する投稿が多かったので、金融庁所管の制度についても投稿します。 というわけで今回のテーマは、公的年金・私的年金と並んで重要な「少額投資非課税制度(愛称:NISA)」です。 NISAは、制度の改正が2020年税制改正大…

"70歳まで現役"法案、閣議決定

2/4、政府は「高年齢者雇用安定法」などの改正法案を閣議決定しました。 内容は「従業員が希望すれば70歳まで働けるよう、企業に努力義務を課す」というものです。 以前の私の記事(下記)に比べると、企業の選択肢の例示が一つ減ったようですが、法改正に向…

国会に提出される年金改革法案

1/20、通常国会が招集されました。 今回の国会には、現役世代の老後生活設計に大きく影響する法案がいくつか提出されると聞いています。 まずは、厚生労働省が提出する予定の年金改革法案を確認しておきましょう。テーマは5つです。 目的 働き方の多様化や高…

企業型DC加入者のiDeCo加入は

「企業型 確定拠出年金(企業型DC)の加入者の多くは、個人型DC(愛称 iDeCo)に加入したくても加入できない」という現状について、これまで何度か書いてきました。 この課題の改善を図るための検討が進んでいます(2019/11/8 厚生労働省 社会保障審議会 企…

年金加入・受給年齢が変わる?

「年金制度に加入できる(保険料・掛金を支払える)年齢の上限」と「年金の受け取り開始時期を遅らせられる年齢の上限」の変更が検討されています。 今回、現時点で私が観測している情報を要約して紹介します。 このテーマは、今後、国会審議に向けて徐々に…

マッチング拠出 iDeCo 選択可?

「企業型 確定拠出年金(企業型DC)のマッチング拠出」と「個人型DC(愛称 iDeCo)」の関係見直しに関する情報を得ました。 情報によれば、厚生労働省は、「マッチング拠出を導入している企業型DCの加入者が、マッチング拠出と個人型DC(iDeCo)のどちらを利…

iDeCo加入 全会社員が可能に?

2019/7/29、次のような報道がありました。若い方ほど、朗報です! www.nikkei.com 報道記事の背景を説明します。 確定拠出年金(DC)制度[企業型DCと個人型DC]は2001年10月に始まりました(当時は「日本版401k」と呼ばれていました。もう少しで20年なんで…

70歳雇用、企業に努力義務?

最近、たまたま、 2019-04-28「年金加入期間が延長される?」 2019-04-30「定年,定年後,アーリーリタイア」 2019-05-12「公務員の定年が65歳に?」 と、続けて投稿しましたが、5/15から5/16にかけて、次のような報道がありました。 70歳雇用、企業に努力義務…

公務員の定年が65歳に?

先日、 freespirit1979.hatenablog.com という雑文を投稿しましたが、5/10、次のような報道がありました。 公務員定年 欧米は延長・廃止も~日本、65歳に引き上げへ~ 政府は、国家公務員の定年の引き上げを検討中 現在の60歳から段階的に65歳まで延長する方…

年金加入期間が延長される?

2019年4月、年金の「加入期間を延長する」方向の制度変更議論が、立て続けに報道されました。 「加入期間延長」とは、すなわち、「加入可能年齢上限の引き上げ(加入者資格喪失年齢の引き上げ)」であり、つまり、「人によっては、将来受け取れる年金の額が…

年金開始を75歳に遅らせれば、受取額が約2倍に?

先週末、「公的年金の受取開始年齢を75歳まで『繰り下げ』できるよう、厚生労働省が検討に入った」との報道がありました。 誰もが影響を受けうる公的年金に制度変更があるのなら、その方向性は知っておいて損はありません。 要点を確認しておきましょう。 な…

政府税調、非課税貯蓄枠を検討

10月下旬から11月上旬にかけて、 税優遇「貯蓄枠」を検討 ~政府税調、老後資産形成を支援~ 老後の資産形成 年明け以降議論 ~政府税調~ などの見出しの報道を見かけました。 政府税制調査会は首相の諮問機関です。 気になりますよね? え? 気にならない…