あなたの家計は 100歳まで もちますか?

独立系FP 福嶋淳裕のブログ

iDeCo、始めました。

遅ればせながら条件が整い、個人型DC(iDeCo)の加入を申し込みました。2月中旬、初回の買い付けが実行される見込みです。

遅ればせながらiDeCoを始める目的

iDeCoを始める最大の目的は、企業型DCのマッチング拠出と同じ「拠出時非課税」メリットを生かし、小規模企業共済等掛金控除によって所得税と住民税を節税することです。もっとも、拠出できる掛金の上限が少額なため節税効果も微々たるものです。しかしながら、「やらないよりはマシだろう」という結論です。掛金が少額であることに加え、私の場合、拠出できる期間が短いことから、運用収益(額)については期待していません。

加入手続きの履歴

2022年10月1日から、企業型DCの加入者も原則としてiDeCoに加入(併用)できるようになることはわかっていました。私の場合は企業型DCのマッチング拠出を利用していたため企業型DCとiDeCoの併用はできず、企業型DCの加入者資格を喪失する10月下旬までiDeCo加入手続きの開始を待つ必要がありました。また、企業型DCの年金資産を速やかに一時金で受け取りたい事情があり、企業型DCからiDeCoへの移換もしません。単純にiDeCoを新たに始める手続きの事例です。

  • 2022年9月13日、事前に選んでいたiDeCo運営管理機関(金融機関)のウェブサイトで加入を申し込む。
  • 9月20日、書類一式が届く。
  • 10月21日、書類の一つ、手続きの起点となる「事業所登録申請書 兼 第2号加入者に係る事業主の証明書」を勤務先の人事担当者に送付し、記入を依頼。
  • 11月1日、記入後の書類が勤務先から届く。
  • 11月2日、その他の書類を併せた一式をiDeCo金融機関に送付。
  • 11月18日、iDeCo金融機関から「書類を受領した」旨のメールが届く。「IDとパスワードを郵送するまで1~2カ月待て」とのこと。
  • 11月30日、掛金の引き落とし先に指定していた銀行から「口座振替契約登録のお願い」メールが届く。【たまたまメールを見落とさず、よかったです】
  • 12月1日、銀行のウェブサイトで口座振替契約の登録を完了。
  • 2023年1月19日、iDeCo金融機関からIDとパスワードが簡易書留で届く。【できれば「○日ころに発送予定」とか「発送した」などのメールが事前に欲しかったところです】
  • 1月20日iDeCoの元締め、国民年金基金連合会から「個人型年金加入確認通知書」「掛金納付及び引落しについてのお知らせ」などが届く。初回引き落としは1月26日、初回に限り2カ月分とのこと。
  • 1月26日未明、銀行から「残高不足により口座振替不成立! 今日中に入金すれば間に合う」とのメールが届く。即 対応し、無事に引き落とされる。【メールを見落としていたら大変でした。私の場合、その銀行の証券会社連動口座に預金していて、振り込みやデビットカードなどで使われる通常の口座には1円も預けていなかったためです。振替の指図を実行した瞬間に引き落とされました。これからは若干の額を置いておくことにします】
  • 初回の購入指図は「初回引き落とし日の12営業日後の翌営業日」に実行されるそうなので、2月14日の買い付け発注となりそうです。

とまぁ、このような感じです。話には聞いていましたが、iDeCoの加入手続きは登場人物(関与する機関・団体)が多く、時間がとてもかかります。今後改善されるようですが、私の場合は間に合いませんでした。

2月の約定を見届けたら、次は4月になり次第、掛金の変更(増額)を手続きする予定です。これも手間と時間がかかるのでしょう...。

 

金融資産7千万円台にタッチ

2022年12月末、貯蓄投資残高(金融資産残高)が7,000万円の大台にタッチしました。

上のグラフで1本の棒の高さは、1999年4月以降の私の金融資産残高(月末時点)を表しています(負債を差し引く前の残高[いわゆるグロス、総額]であり、純金融資産残高[いわゆるネット、純額]ではありません)。

金融資産の具体的な総額は滅多に投稿しないのですが、今回は大台到達記念として履歴を投稿します。 

  • 2007年4月末、2,000万円到達【上のグラフ中央やや左のピーク部分】
    (この直後、住宅ローンの繰上完済により2,000万円を割り込み、さらには2008年秋のリーマン・ショックの際、株式信用取引株価指数先物、FXの短期売買で損失が生じました)
  • 2012年12月末、2,000万円に再到達
    (振り返ればこの少し前から、株式信用・先物・FXなどの投機から徐々に足を洗い、現在の投資スタイル[下記※]を確立しています)
  • 2017年2月末、3,000万円到達(2,000万円再到達から4年2カ月後)
  • 2019年3月末、4,000万円到達(3,000万円到達から2年1カ月後)
  • 2020年12月末、5,000万円到達(4,000万円到達から1年9カ月後)
  • 2021年6月末、6,000万円到達(5,000万円到達から6カ月後)
  • 2022年12月末、7,000万円到達(6,000万円到達から1年半後)
    今回の大台到達の最大要因は、企業型確定拠出年金(企業型DC)から一時金を受け取り、収入・資産に計上したことによります。
    一方、私の金融資産残高のピークは今回または2023年3月末だろうと予想しています。亡父から相続した負債の4月一括返済を考えており、ここで大きく減ります。加えて働き方の変化に伴い、その後は緩やかな右肩下がりになることを覚悟しています。

※ 現在の投資スタイルは、
  現代(近代)ポートフォリオ理論に則った、
  パッシブ(インデックス)型投資信託
  バイ・アンド・ホールド(+リバランス)戦略
  です。

証券アナリスト・1級DCプランナー・CFP・1級FPとしての知識を裏付けに、ノーベル経済学賞を受賞した米国発祥の理論を、日本の金融市場・個人税制・私的年金制度に応用した戦略であり、自信をもって一般の会社員や公務員におすすめできる投資手法です。私はこれを「分散・節税・低コスト投資」と呼んでいます。

 


 

私の投資スタイル、四半期ごとの資産配分比率や投資行動など、詳しくは「金融資産運用設計」カテゴリーの中から、毎年1月・4月・7月・10月初旬の記事をご覧ください。

 

「ファイナンシャルフィールド」に掲載

f:id:Free_Spirit_19790714:20200630194640j:plain

 

「お金にまつわる疑問や悩みをわかりやすく解決」するウェブサイト、「ファイナンシャルフィールド」に寄稿しました。よろしければご高覧くださいませ。今回は以下の4本です。

  • 【企業型DC】「老齢給付金」を受け取った後、転職先の「企業型DC」に加入できる?
  • 60歳以降に初めて確定拠出年金に加入。老齢給付金はいつから受け取れる?
  • 【企業型DC加入者向け】「マッチング拠出」と「iDeCo」、どちらを選ぶべき?
  • 60歳で「企業型DCの加入者資格」を喪失。受け取らずに「iDeCo」に移せる?

financial-field.com

financial-field.com

financial-field.com

financial-field.com

 

金融資産の定期モニタリング(1999/04/30~2022/12/31)

退職予定日まであと3カ月!

今回はかなり気が進まないのですが(苦笑)、私の金融資産残高の推移を3カ月ぶりに点検しました。
3カ月前の記事を複製したうえで、今回更新した部分をにしています。お急ぎの方は赤いところだけお読みください。今回のトピックスは「企業型DC一時金の受取完了」と「ソーシャルレンディングの減損処理」です]

 

 

この記事における「金融資産」の前提:

  • 現金のほか、銀行、証券会社ソーシャルレンディング会社の口座残高です。
  • 私名義の金融資産に限定し、パート・アルバイト収入がわずかにある配偶者のものは含みません。
  • 貯蓄型の生命保険や個人年金保険は持っていません。
  • 「企業型DC(確定拠出年金)」の残高を含めるか否かについては、分析の趣旨によって変えています。

 

 

1. 私の投資手法

2001年からさまざまな投資・投機を試行錯誤し、数々の大失敗を経験。リーマン・ショックをはじめ、紆余曲折を経て私がたどり着いた投資手法は、

です。私はこれを資産運用の中心・中核(コア戦略)とし、「分散・節税・低コスト投資」と呼んでいます。

成果を感じ始めたあと、理論的な裏付け・確証を得るため資産運用に関連する資格を取得したり、偶然、年金基金の運営に携わることになったりした結果、「一般個人の金融資産運用と年金基金の年金資産運用は、税制や金融商品の違いを除けば本質的には同じである」という結論に達しました。

プロ向け(機関投資家向け)資産運用ビジネスの業界では、「年金基金による年金資産運用が資産運用の標準的な方法」とされています。であるならば、一般個人も、年金基金の運用基本方針を理解したうえで資産運用するほうがよいと思いませんか?

「分散・節税・低コスト投資」は、

  • 世界各国の年金基金の多くが何らかの形で採用している現代(近代)ポートフォリオ理論と、日本国内の個人向け税制優遇措置(DC, NISA)の要点を理解し、
  • アセットアロケーション(資産の配分)とアセットロケーション(資産の置き場所)が「そこそこ」適切であれば、合理的に資産形成できるはずだ

という考えに基づき、

  • インデックス型の投資信託を買い増していく

という、単純かつ手間のかからない投資手法です(実際には買い増しだけでなく、節税と乗り換えの目的で売却することもあります)。

私の運用目的は「老後資金形成」です。「長生きしたい」とか「(金銭的な意味で)贅沢したい」などの気持ちはないのですが、「将来、自分または配偶者が想定以上に長生きしてしまっても、お金に困ることがないよう、無理のない範囲で準備しておきたい」、ただそれだけです。

 

2. 資産配分比率(2022年12月末)

企業型DCを含みます(企業型DCを含めて1つのポートフォリオだからです)。

  • 安全資産以外(リスク資産)は、それぞれ単一または複数商品のインデックス型投資信託によって構成されています。
  • 安全資産の内訳は、「現金」「預金」「ソーシャルレンディング会社の口座残高」で、実際にはほぼすべて預金です。なお、ソーシャルレンディング投資には大きなリスクがあり現在撤退中ですが、「価格(時価)」という概念がないことから、便宜上、安全資産に区分しています。

  • 1~3月期:リバランスを兼ねてDC出口戦略を粛々と実行しつつ、1月下旬、2月下旬、3月上旬の急落局面において、少額の追加投資を複数回にわたって実行しました。結果として資産配分比率は、四捨五入すると3カ月前と同じでした。
  • 4~6月期:リバランスを兼ねてDC出口戦略を粛々と実行しつつ、6月中旬の急落局面でごく少額の追加投資を実行しました。
  • 7~9月期:DC出口戦略を粛々と実行しました(9月で完了)
  • 10~12月期:
    10・11月は珍しく(数十年ぶり?)何もしませんでした。
    12月は以下を実行しました。
    • 国内REITの2018年NISA保有分を売却し、別の国内REITを特定口座でほぼ同額購入(ロールオーバーせずに商品を入れ替えたという意味です)。
    • 今年最も低調だった先進国REITを若干買い増し(軽微なリバランス)。
    • 師走モニタリング」の結果、繰越損失の全額を活用して国内株式の一部を商品入れ替え。

 

3. 年間運用損益(2022/1/1~12/31

(1) コア戦略

前述の「1. 私の投資手法(分散・節税・低コスト投資)」です。

リスク資産(投資信託)は、SBI証券の特定口座とNISA口座に置いています。もともとは、直販投信を含め、複数の金融機関で投資信託を運用していましたが、管理の手間を減らしたかったことと、良質な投資信託をひととおり取り扱っていることから、2011年までにSBI証券1社に集約しました。

以下、本年分の運用損益を「トータルリターン」で確認してみます。

  • トータルリターン
    = ①評価金額 + ②累計受取分配金額 + ③累計売付金額
      - ④累計買付金額


SBI証券における年間トータルリターン

  • 2022年1~3月SBI証券における投資信託の運用収益率はプラス0.77%でした。
    年初はFRBの利上げ・量的引き締め観測による下落で始まり、さらにはロシアのウクライナ侵攻による急落局面が何度もありましたが、ひとまず、わずかながらプラスのリターンで第1四半期を終えることができました。
    3月末決算の企業年金基金の方々など、ほっとした方が多いのではないでしょうか。
  • 2022年1~6月SBI証券における私の投資信託は、マイナス4.4%となかなか厳しい運用成績でした。
    もっとも、S&P500の年初来リターンがマイナス20.6%、Wilshire US REITがマイナス22.2%など、上半期としては歴史的下落率を記録した米国資産に比べれば、意外と下げ渋った国内資産による分散効果および円安効果により、この程度で済んだ、と前向きに考えることもできます。
  • 2022年1~9月SBI証券における私の投資信託は、マイナス6.59%とさらに厳しい運用成績でした。
  • 2022年1~12月SBI証券における私の投資信託は結局、マイナス6.48%で終わりました。
    寅が千里を走った2022年は、世界的にほぼすべてのアセットクラスが全滅だったという意味で歴史的な1年でした。「FRBで始まり日銀で終わった年」といったところでしょうか。兎が跳ねるという2023年に期待します。

(2) サテライト戦略

コア戦略以外の取引や保有分をサテライト戦略と称しています。

内容 実現損益
(税引前)
現在の運用状況
ソーシャルレンディング
分配金
+6,271 なし
(元本10万円を減損処理)
ソーシャルレンディング
減損損失
▲100,000  
  • ソーシャルレンディングは、2021年5月に投稿したとおり、順次撤退を進めてきました。残りはOwnersBookロードスターインベストメンツ株式会社)のみでしたが、Trust Lending(AI株式会社)、旧SBIソーシャルレンディング株式会社(株式会社バンカーズ)に続いて事故案件が発生。
    OwnersBookの残り10万円は、分配再開・償還の見通しが立たない状態になってから1年経過したため、回収は当面期待できないと判断し、ひとまず減損処理します。
     ● 12月末、運用損失(ゼロ円での償還)として計上(資産から除却)
     ● 将来、もし分配再開・償還されたときは、特別収入として計上

    ソーシャルレンディングについてはいずれ総括記事を投稿しますが、私個人の体験だけでいえば、おすすめできません。オルタナティブ投資の一つとして、手間暇をかけて取り組んできただけに、残念な結論です。
  • 2001年以来、毎年必ず株式(個別銘柄)の短期売買を行ってきましたが、2021年に続き2022年も売買する機会に恵まれませんでした。

 

4. 金融資産残高の推移(1999/4/30~2022/12/31

レバレッジをかけた資産や外貨建て資産を含めたこれまでの運用成績を、まとめて(1枚で)お見せする良い方法を思いつきません。

そこで、収入や支出、負債の返済、リスク資産の値動き等々、私のすべての経済的活動の結果である「金融資産残高の推移の棒グラフ(月次)」を掲載します。


1本の棒の高さは、その月の

  • 収入
  • 支出(税・社会保険料や借入金返済を含む)
  • 運用損益(実現損益+月末時価による評価損益)

の結果としての、月末時点の金融資産残高を表しています(負債を差し引く前の残高[いわゆるグロス、総額]であり、純金融資産残高[いわゆるネット、純額]ではありません)。ただし、このグラフには企業型DCを含めていません(将来の受け取り時に、収入・資産計上します)。

  • 上のグラフ、中央やや左の「レ」の形の凹みは、株式の信用取引など無茶していた頃のリーマン・ショック(2008年秋)の影響です。
  • リーマン・ショックより左側にもガクンと低くなっている棒が数本ありますが、これらは住宅ローンの繰り上げ返済による残高減少です。
  • 右端の1本(2022年12月)が伸びた最大要因は、企業型確定拠出年金(企業型DC)から一時金を受け取り、収入・資産に計上したことによります。

 

以上、参考になるかどうかわかりませんが、ある会社員の家庭の実例として投稿しました。

 

企業型DCの一時金を受取完了

本日、「企業型確定拠出年金(企業型DC)」の一時金を受け取りました。経緯を再掲するとともに、感想を追記してこのスレッドを終わります。

  1. 加入者資格喪失4日後の10月27日、企業型DC運営管理機関から郵便が届いた。
    ・加入者資格喪失のお知らせ
    ・手続き書類の請求について
    確定拠出年金給付の手引き

  2. 10月28日、運営管理機関のウェブサイトで一時金の裁定請求書類を請求した。

  3. 11月4日、運営管理機関から郵便が届いた。
    ・給付金請求のお手続き案内
    確定拠出年金裁定請求書
    *退職手当等受取状況確認書
    *退職所得の受給に関する申告書兼退職所得申告書
    *個人番号提供のお願い
    ・その他、記入例など

  4. 11月7日、提出が必要な4点(上記の*)を投函し、裁定を請求した。

  5. 11月16日、運営管理機関から郵便が届いた。
    確定拠出年金給付裁定結果通知書
     (裁定結果「支給」、振込予定日「12月20日」)

  6. 12月20日確定拠出年金裁定請求書に記入した銀行口座に、手数料(440円)差引後の一時金が着金した。

 

私事ですがこれから数カ月間、さまざまな変化(働き方の変化、収入の激減、相続した負債の繰上完済、地域ボランティア活動の開始など)を予定しています。皮切りとして今回、人生で一度しかない企業型DC一時金の受取が無事に終わり、ひとまずほっとしています。もっとも、在職中であるにもかかわらず退職金の一部を早々に受け取るというのは、なんだか少し変な気分もします...。企業型DCとはこれでお別れですが、代わりに個人型DC(iDeCo)を細々と始める予定です。