あなたの家計は 100歳まで もちますか?

独立系FP 福嶋淳裕のブログ

1. パーソナル ファイナンス

「東証マネ部!」に掲載②

もう1本、「東証マネ部!」に掲載されました。 年金関連のニュースでよく出てくる「マクロ経済スライド」ってなに? という取材テーマに対し、福嶋が説明しました。 是非、ご高覧くださいませ。 money-bu-jpx.com

「東証マネ部!」に掲載

このたび、「東証マネ部!」に掲載されました。 将来の年金額に関係するらしい「所得代替率」とは という取材テーマに対し、福嶋が説明しました。 是非、ご高覧くださいませ。 money-bu-jpx.com

DCの出口戦略を考えてみる⑤

確定拠出年金(DC)の出口戦略についての相談が増えてきました。 DCは確定給付企業年金(DB)などと違って会社(や企業年金基金)が何もしてくれない完全自己責任の制度ですので、自分に合った、納得できる出口戦略を実行したいですよね。 1. 受け取り方 (1)…

DCの出口戦略を考えてみる④

確定拠出年金(DC)の出口戦略についての相談が増えてきました。 DCは確定給付企業年金(DB)などと違って会社(や企業年金基金)が何もしてくれない完全自己責任の制度ですので、自分に合った、納得できる出口戦略を実行したいですよね。 1. 受け取り方 (1)…

「FUNDAVI」に掲載

「FUNDAVI」に掲載されました。 老後のお金が気になり始めた投資初心者におすすめする「投資信託の選び方」 という取材テーマに対し、福嶋が回答しました。 ご関心ございましたら、ご高覧くださいませ。 fundavi.jp

「専門家ライフラボ」に掲載

「専門家ライフラボ」に掲載されました。 老後資金2000万円問題と年金対策について 30代 会社員 男性からの質問 現在、会社員をしています。厚生年金だけで安心だとこれまで思っておりましたが、最近の老後資金2000万円問題などがあり、将来に対する不安が強…

「財政検証」の超要約と私見

5年に一度、公的年金の将来の給付水準を示す「財政検証」の結果が公表されました(2019/8/27)。 多くのメディアやコメンテーターは、悲観的・批判的なトーンで取り上げています。 公的年金については、(これまでもこれからも)誤解や勘違い、トンデモ論が…

「財政検証」が公表されました

5年に一度、公的年金の将来の給付水準を示す「財政検証」の結果が、事前の報道どおり、本日(2019/8/27)公表されました。 勤務中、何度も厚生労働省のホームページをチェックしていたのですが、なかなか掲載されません(笑)。 勤務時間の調整で今日は17時…

厚労省「財政検証」8/27公表へ

5年に一度、公的年金の将来の給付水準を示す「財政検証」の結果が、いよいよ8/27に公表されるようです。 www.nikkei.com www.nikkei.com 前回(2014年6月公表)の内容を、思いっ切り要約して振り返っておきましょう。 日本経済(物価、賃金、その他)の動向…

DCの出口戦略を考えてみる③

確定拠出年金(DC)の出口戦略についての相談が増えてきました。 企業型DCで、従業員の入社時に遡って過去勤務期間分の退職金をDCに移行したケースでは、50代でDCの残高が1,000万円を上回っている方もいらっしゃいます。 額が額ですし、企業型DCは確定給付企…

DCの出口戦略を考えてみる②

確定拠出年金(DC)の出口戦略についての相談が増えてきました。 企業型DCで、従業員の入社時に遡って過去勤務期間分の退職金をDCに移行したケースでは、50代でDCの残高が1,000万円を上回っている方もいらっしゃいます。 額が額ですし、企業型DCは確定給付企…

DCの出口戦略を考えてみる①

確定拠出年金(DC)の出口戦略についての相談が増えてきました。 企業型DCで、従業員の入社時に遡って過去勤務期間分の退職金をDCに移行したケースでは、50代でDCの残高が1,000万円を上回っている方もいらっしゃいます。 額が額ですし、企業型DCは確定給付企…

金融庁「老後2000万円必要」?

6/3(月)、金融庁が金融審議会 「市場ワーキング・グループ」の報告書を公表しました。この1週間、様々なメディアで報道・拡散され、ちょっとした盛り上がりを見せています。 この件については、金融庁の公表に先立ち、5/23から5/24にかけて朝日新聞が検討…

定年,定年後,アーリーリタイア

歴史的な10連休の時間を利用して(笑)、平成最後の日に「定年, 定年後, アーリーリタイア」に関する雑文を投稿します。 1. 定年 (1) 定年がない人 自営業・フリーランス・個人事業主や、法人成りした人、農業、開業医の方などに「定年」はありませんよね。…

ほぼ人生100年世代 の老後資金

<先週から「買い下がり」を実行中です。少額ですが...> <年内最後の投稿になるかもしれません。よいお年を!> 「人生100年時代」というフレーズは、この2年で日本社会に定着した感があります。いま40歳くらいの人の平均寿命は95歳に、20歳くらいの人の平均寿…

後期高齢者の社会保険料の変動が激しすぎる

少し前、FPであるにもかかわらず衝撃を受けたことがありました。恥ずかしながら、今回はそれについて書きましょう。 「私の父(80代)の年金が10月に激減した! 何かの間違いでは?」というエピソードです。 父はずっと自営業でしたので、受け取れる公的年金…

被災直後の混乱の中での換金性(非常用資金の置き場所)

近年、大規模な災害が増えているような気がします。 被災に備える資金(このブログでは「非常用資金」と呼んでいます)は、被災直後の混乱の中での換金性(現金の入手可能性)を重視し、居住地域(または勤務地域)を営業エリアとする有店舗型の銀行の普通預…

投資に回してはいけないお金の考え方(運用する金額の検討)

老後資金を形成するために、それなりの自己資金を投下して本格的に投資に取り組もうとする場合、投資の内容はもちろんのこと、「投資にいくら回すか?」「いくらまでなら、うまくいかなかった場合でも当面の生活に影響しないか?」を検討することになります…