あなたの家計は 100歳まで もちますか?

独立系FP 福嶋淳裕のブログ

2. 金融資産運用設計

半年後に退職する会社員の金融資産残高推移(1999/4/30~2022/9/30)

退職予定日まであと6カ月! 時季が来ましたので、今回も気が進まないのですが(苦笑)、私の金融資産残高の推移を3カ月ぶりに点検しました。(3カ月前の記事を複製したうえで、今回更新した部分を赤にしていますので、お急ぎの方は赤いところだけお読みくだ…

資産所得倍増プラン iDeCo

前回の続きです。今回はiDeCoの制度変更に関する概況をまとめてみました。 6月7日:「骨太の方針2022」抜粋(太字修飾は福嶋が付加) 第2章 新しい資本主義に向けた改革 1.新しい資本主義に向けた重点投資分野 (1)人への投資と分配 (「貯蓄から投資」…

資産所得倍増プラン NISA

6月7日に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2022(通称、骨太の方針2022)」を受け、業界団体による提言や所管官庁による要望が出揃ったようです。 今回はNISAの制度変更に関する概況をまとめてみました。 6月7日:「骨太の方針2022」抜粋(太字…

60歳から始める iDeCo

先月の記事の続きです。 60歳定年後も同じ会社で働いている。65歳でやめる予定だがまだ数年ある。今からでもiDeCoを始めるべきか? 50代後半の会社員で企業型DCの加入者。60歳になると企業型DC加入者ではなくなる。そのタイミングでiDeCoを始めるべきか? 20…

マッチング拠出か iDeCoか?

公的年金・私的年金の法改正項目が順次施行されるなか、次のような話題をちらほら聞くようになりました(法改正については文末の関連記事をご参照ください)。 60歳定年後も同じ会社で働いている。65歳でやめる予定だがまだ数年ある。今からでもiDeCoを始め…

9カ月後に退職する会社員の金融資産残高推移(1999/4/30~2022/6/30)

退職予定日まであと9カ月! 時季が来ましたので、今回は気が進まないのですが(苦笑)、私の金融資産残高の推移を3カ月ぶりに点検しました。(3カ月前の記事を複製したうえで、今回更新した部分を赤にしていますので、お急ぎの方は赤いところだけお読みくだ…

資産所得倍増プラン

各種報道でご存じのとおり、6月7日、「経済財政運営と改革の基本方針2022(通称、骨太の方針2022)」が閣議決定されました。 個人投資家の多くが心配していたであろう「金融所得課税」の文言は見当たらず(いったん封印しただけなのかもしれませんが)、耳触…

確定拠出年金(DC) 改正 再々考

確定拠出年金(企業型DC、個人型DC[愛称 iDeCo])の改正項目が順次施行されています。 前回書ききれなかった「60歳定年後の企業型DCからiDeCoへの年金資産移換」について、まとめてみました。 前提: 次のすべてを満たす人がいるとします。 企業型DCに加入…

投資信託の今後の買い増し候補

投資信託の今後の買い増し、乗り換え先の候補を半年ぶりにチェックしました。 備忘録を兼ねて投稿します(データは2022年4月30日現在)。 私がバイ・アンド・ホールドしたい投資信託(= おすすめしたい投資信託)は、 特定口座と一般NISA口座の両方で金額買…

確定拠出年金(DC) 改正 再確認

確定拠出年金(企業型DC、個人型DC[愛称 iDeCo])の改正項目が順次施行されています。 それらのうち、会社員の多くの方が関係しうる「加入可能年齢の拡大」と「企業型DC加入者のiDeCo加入の要件緩和」の2項目について、あらためて取り上げます。 ※印部分は…

退職予定日まであと1年!ある会社員の金融資産残高推移(1999/4/30~2022/3/31)

退職予定日まであと1年! 時季が来ましたので、私の金融資産残高の推移を3カ月ぶりに点検しました。(3カ月前の記事を複製したうえで、今回更新した部分を赤にしていますので、お急ぎの方は赤いところだけお読みください) 1. 私の投資手法 2. 資産配分比率…

ウクライナ危機

「遠くの戦争は買い、近くの戦争は売り」 「銃声が鳴ったら買え」 オミクロン株蔓延、FRB利上げ・量的引き締め観測、そしてウクライナ...。 2022年は寅年。「寅、千里を走る」という相場格言が伝えられていますが、太平洋戦争後、寅年相場は1勝5敗だったそう…

FOMC・FRBショック?

新年のマーケットが開いて3週間。 内外の株式・REIT相場が下げ止まりませんね。 日経平均は、昨日に続いて本日も昨年来安値を更新してしまいました。 その他の指数も憂鬱な状況が続いています。 TOPIX1月5日高値2,042→1月25日安値1,881(ドローダウン7.9%) …

急落・暴落で思い出したい言葉

夜明け前が一番暗い 明けない夜はない 日はまた昇る 野も山も、みな一面に弱気なら、阿呆になって米を買うべし 天井買わず、底売らず 三空叩き込みには買い向かえ (2018/12/20、2020/2/28に投稿した記事とほぼ同じ内容です) 年に何度か、相場が「急落」す…

退職予定日まであと1年3カ月!ある会社員の金融資産残高推移(1999/4/30~2021/12/31)

退職予定日まであと1年3カ月! 時季が来ましたので、私の金融資産残高の推移を3カ月ぶりに点検しました。(3カ月前の記事を複製したうえで、今回更新した部分を赤にしていますので、お急ぎの方は赤いところだけお読みください) 1. 私の投資手法 2. 資産配分…

半年ぶりに株式の短期売買を

半年ぶりに株式の短期売買を楽しんでいます。 過去の記録を見返すと、私は株式の現物取引を2001年に始め、2002年からは信用取引を用いて頻繁に売買していました。今から思えば当時の投機手法は、まさに素人・自己流の、ダメダメな代表例といえます(苦笑)。…

2021年NISAロールオーバー (3)

「2017年NISA」のロールオーバー申し込みが終了しました。 今回ロールオーバーを申し込まず、別の投資信託に乗り換えることにした件の後日談です。 妻:三井住友DS-三井住友・DC外国リートインデックスファンド 評価額:数万円 「りそなAM-Smart-i 先進国…

2021年NISAロールオーバー (2)

2017年にNISA(一般NISA)口座で購入し、現在も保有している株式・投資信託等のロールオーバー申し込み期限が迫ってきました。 妻(パート、アルバイト)の口座の次は、私自身の口座です。 今回の対象は、投資信託1商品でした。 ニッセイ-<購入・換金手数…

2021年NISAロールオーバー (1)

2017年にNISA(一般NISA)口座で購入し、現在も保有している株式・投資信託等のロールオーバー申し込み期限が迫ってきました。 ということで、まずは妻(パート、アルバイト)の口座を検討します。 今回の対象は、投資信託3商品でした。 ニッセイ-<購入・…

投資信託の今後の買い増し候補

「2017年枠の一般NISAロールオーバー」と「師走モニタリング」を考え始める季節になりました。 ということで、投資信託の今後の買い増し、乗り換え先の候補をチェックしましたので、備忘録を兼ねて投稿します(データは2021年10月31日現在)。 なお、「師走…

退職予定日まであと1年6カ月!ある会社員の金融資産残高推移(1999/4/30~2021/9/30)

退職予定日まであと1年6カ月! 時季が来ましたので、私の金融資産残高の推移を3カ月ぶりに点検しました。(3カ月前の記事を複製したうえで、今回更新した部分を赤にしていますので、お急ぎの方は赤いところだけお読みください) 1. 私の投資手法 2. 資産配分…

個人向け国債から撤退します

私は「個人向け国債(変動10年)」を、2013年12月と2015年6月に400万円ずつ購入しました。 購入した理由は以下のとおりです。 「個人向け国債」は、いつ売却(中途換金)しても元本割れしない。 銀行預金と異なり元本の全額が事実上保証され、0.05%以上の金…

金融資産6千万円台にタッチ

2021年6月末、DC(確定拠出年金)を除いた貯蓄投資残高(金融資産)が、6,000万円の大台にタッチしました。 私は3カ月ごとに、金融資産の運用概況(資産配分比率)、残高推移(上のグラフ)などをこのブログに投稿しています。 金融資産の具体的な総額は滅多…

ある会社員の金融資産残高推移(1999/4/30~2021/6/30)

退職予定日まであと1年9カ月! 時季が来ましたので、私の金融資産残高の推移を3カ月ぶりに点検しました。(3カ月前の記事を複製したうえで、今回更新した部分を赤にしていますので、お急ぎの方は赤いところだけお読みください) 1. 私の投資手法 2. 資産配分…

米国個人投機業界のバズワード

株式や暗号資産への投資(というよりも、投機)に関し、米国の個人や金融関係者の間で最近使われているスラング、バズワードがあるそうです。 トリビア、豆知識として紹介します。 Meme stock(ミーム・ストック)・SNSで発信・拡散された情報で大きく値動き…

投資信託の今後の買い増し候補

投資信託の今後の買い増し候補を久しぶりにチェックしました。 備忘録を兼ねて投稿します(データは2021年5月31日現在)。 私がバイ・アンド・ホールドしたい投資信託(= おすすめしたい投資信託)は、 特定口座と一般NISA口座で、金額買付と積立買付が可能…

ソシャレンから順次撤退します

私は、2018年8月にソーシャルレンディング投資を始めました。 貸し倒れ、焦げ付きの損害を一定程度に抑えるため、運用中の出資金残高の上限は200万円と決め、出資したファンド(案件)が償還される都度、それを元手に新規ファンド(案件)に出資するスタイル…

NISAの改正動向

先般「公的年金・私的年金・NISAの改正動向」について講演した際のプレゼン資料を、3回に分けてこのブログに投稿しています。 第3回は「NISAの改正動向」です。 なお、スライドのところどころに登場する黄色の星印は、私の個人的な判断による、改正の重要度…

私的年金の改正動向

先般「公的年金・私的年金・NISAの改正動向」について講演した際のプレゼン資料を、3回に分けてこのブログに投稿しています。 第2回は「私的年金(主に確定拠出年金:DC, iDeCo)の改正動向」です。 なお、スライドのところどころに登場する黄色の星印は、私…

ある会社員の金融資産残高推移(1999/4/30~2021/3/31)

退職予定日まであと2年!金融資産残高は5,600万円に。 時季が来ましたので、私の金融資産残高の推移を3カ月ぶりに点検しました。(3カ月前の記事を複製したうえで、今回更新した部分を赤にしていますので、お急ぎの方は赤いところだけお読みください) 1. 私…